神奈川県厚木市の法律事務所。本厚木駅北口から徒歩2分。土日夜間も相談可能。

HOME 〉ケース紹介 〉不貞慰謝料請求訴訟の事例

事例紹介

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

不貞相手に対する慰謝料請求の事例

不倫、不貞行為による慰謝料請求の相談を受けることは多いです。

明らかな写真のように決定的な証拠があるケースもあれば、メールなどから疑わしいというレベルで相談されるケースもあります。

不貞慰謝料の相談については、請求する側からの相談もあれば、請求された不貞相手側からの相談もあります。

 

今回のケースは、妻から不貞相手(女性)のみを被告として、不貞慰謝料の請求訴訟が起こされたところで、不貞相手の女性から依頼を受けたものでした。

裁判を起こされた金額は140万円でした。不貞慰謝料としては、さほど高くない金額ですが、回収可能性などを考えてか、本来はもっと高い慰謝料が認められるべきところ、一部請求として140万円の請求がされたものです。

このような一部請求は、訴訟費用を節約するためなどの理由で、けっこう使われます。

被告となった女性からの依頼を受け、争えるポイントで内容を争っていきました。

原告となった妻側からは、メールのほか、探偵による調査報告書が証拠提出されました。

裁判を続けた結果、最終的には、140万円の請求額から30万円に減額して、この額を支払うという内容の和解が成立し、解決となりました。

 

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

 

横浜駅前事務所

10/24相談会開催

ページトップへ