神奈川県厚木市の法律事務所。本厚木駅北口から徒歩2分。土日夜間も相談可能。

HOME 〉ケース紹介 〉借地権買取交渉の事例

事例紹介

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

借地権買取交渉の事例

相続がらみの建物に借地権が設定されていたため、この借地権の買取交渉をしたケースです。

借地権

借地権つき建物は、地主に無断で処分するものではありません。

通常は、地主への買取を求めたり、第三者に譲渡する場合には、地主に許可を求めていきます。

今回のケースでも、まずは地主を相手に交渉を開始したところ、金額によっては買い取る意向が示されたため、金額交渉をしていきました。

地主にも弁護士がつき、弁護士同士で交渉を進めていきました。

 

それと並行して、相続財産にありがちな話ですが、登記簿上に貸金業者の根抵当権が設定されていたため、その抹消交渉も進めました。

借主本人が死亡しているほか、貸金業者側も債権譲渡が複数されるなどしていて、取引状況の確認に時間がかかりましたが、当方から法的な主張をおこない、無償で根抵当権を抹消してもらうことができました。

これにより、借地権の売買契約を締結し、買取交渉をまとめることができました。

 

一般的に借地権の買取については、地主さん側が感情的に支払をしたくないと言うことが多いですが、本件では、弁護士がついたため、その点はクリアできました。

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

12/11相談会開催

 

横浜駅前事務所

12/10相談会開催

ページトップへ