神奈川県厚木市の法律事務所。本厚木駅北口から徒歩2分。土日夜間も相談可能。

HOME 〉ケース紹介 〉悪質リース商法の事例
法律相談イメージ

事例紹介

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

リース商法の被害者対応

販売会社から虚偽の説明をされて、不要な複合機をリース契約してしまった方からの相談です。

著者 弁護士石井琢磨

 弁護士石井琢磨
 更新:2021.7.28

法律では、純然な消費者と、事業をしている人とでは、保護の度合いが違います。

そのため、事業者や中小企業が、不要な複合機、ホームページ関係のソフト、器具などを対象として、高額なリース契約を組まされてしまうケースが増え、問題視されました。

事業者が救済されるためのハードルは高いですが、少しずつ、救済されるケースも増えています。

今回のケースでは、主にリース会社相手の交渉となり、実際にリース会社の担当者を相手に面談での交渉を何度か進め、支払金額の合意に至りました。

一般的には交渉だけでは減額できる幅は限られており、裁判所の判断がないと、事業者の場合には、望む結果は得にくいと感じます。

 

 

リース契約の基本的な法律関係はこちら。

Q.リース契約のメリット・デメリットは?

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

ジン法律事務所弁護士法人のロゴオフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

神奈川県の地図

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

8/2相談会開催

 

横浜駅前事務所

8/3相談会開催

Zoom相談予約


動画配信中↓↓



ページトップへ